池袋フルートクワイアー 練習ブログ

池袋フルートクワイアーは豊島区池袋で活動するフルート合奏団です。

池袋フルートクワイアーは新規団員募集中です。
一人での演奏に物足りなさを感じていたり、アンサンブルに興味はあるけどメンバーが見つからない方にはフルートクワイアーがぴったりです!

同じ楽器の友達と一緒に受けるアンサンブルレッスンは楽しく上達していきます♪

新しい仲間たちと楽しい時間を過ごしましょう!



♫講師による丁寧な指導♫
講師がひとりひとりのステップに合った指導を行います。ひとりで吹いていると分からないこと…何だか聞きにくいと感じることでも、何でも気軽に聞いてくださいね!


♫アンサンブルを楽しもう!♫
ソロも魅力的なフルートですが、アンサンブルになるとまた異なる魅力を発見できます。今迄個人で習っていた方、久々にアンサンブルしたいと感じている方、勿論アンサンブル未経験者も大歓迎!フルート好きであれば、どなたでも参加できます。


♫運営は事務局におまかせ♫
運営はすべて事務局が担当しますので、会場の手配やスケジュール管理などをしなくて済みますので団員の皆様は演奏することだけに集中できます。


♫練習回数♫
土曜日(月2回)の15時15分から16時45分までです。(休憩を挟む)



♫練習会場♫
東京芸術劇場とスタジオフォルテを主に利用します。



見学・体験、無料受付中♪
池袋フルートクワイアーホームページよりお問い合わせください!
http://orchestra.jp.net/ifc/

3月18日池袋フルートクワイアー練習日記です


チューニングの吹き方と曲の吹き方が、あまり変わらないよう心がけてください

吹きすぎ注意ですが、吹かなさすぎても音程が下がったりこもった音色になりますので、アンブシュアの研究をしていきましょう


今日からワルツィングキャットを追加します。
タッカのリズムが甘くならないことと、テヌートが付いている四分音符の音価を守ってくださいね


4小節目だけは、molto rit.をやるため倍のカウントでとります。


51,52小節目の1stは3連符後の八分音符が転ばないように
37小節目からの4thは臨時記号に要注意です


講師♪臼井 彩和子





 次回の練習日
4月1日(土)15:15〜16:45
東京芸術劇場
地下リハーサルルームS1    
 

池袋フルートクワイアー3月4日の練習日記です


モーツァルトのアイネ・クライネ・ナハトムジークの1楽章を練習しました。
 
軽さは出てきたように感じますが、軽さを意識しすぎて低音の刻みやハモリの内声が隠れてしまっています
4thとBassは楽譜に書かれてある音量より、少し大きめにハッキリ吹いてくださいね



四分音符の長さが短くなってきたり、八分音符が連続していたり・・・
同じ形のリズムが続くため、気づかないうちに少しずつテンポが速くなってしまいます


アインザッツや呼吸を大事にしていきましょう

講師♪臼井 彩和子



 次回の練習日   
3月18日(土)15:15〜16:45
東京芸術劇場
地下リハーサルルームS1    

↑このページのトップヘ